読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

lucciola-salonのブログ

鳥取市扇町にある完全個室の女性専用プライベートサロン。痩身・リラクゼーション・フェイシャルまでトータルでキレイに。プリザーブドフラワーの販売もしております。ご予約☎0857-50-1307

春の紫外線油断禁物!

こんにちは!akariです🎵

 

3月に入り、まだまだ肌寒いですが、春らしい日が続きますね🌸

今日のひな祭りに合わせてくれたのか..

ルッチョラの桃の花が咲いてくれたので、お茶に添えました❤

 

f:id:lucciora-salon:20170303151549j:plain

 

これから咲きそうなこのぷっくりした蕾も可愛い❤

あと1カ月ほどでお花見シーズンもくるので、楽しみですね。

 

しかし、外出が多くなるこれからの季節に気を付けたいのが紫外線対策!

3月の紫外線量は残暑のきつい9月とほぼ同じ量です。

気持ちがいい春の日差しの中にも、かなりの量の紫外線が降り注いでいます。

真夏の日差しほど、「日に焼けてしまう~」という危機感がわきにくい春は要注意!

油断すると、しわやシミの原因となるので、今から紫外線対策を始めましょう。

 

防ぐ!補う!守る!

この3つを意識した生活が大切です✨

 

まず「防ぐ」

出かける場所などその日の予定に合わせて、日焼け止めを選びましょう。

 

年間を通じて降り注ぎ、真皮の奥深くまで届いてしまうUVA波。

長い年月を経てシワやたるみなど肌老化を引き起こします。

UVAから肌を守るには、「PA+」という記号に注目しましょう。

++++まで4段階あります。

 

中間の波長で、5%が地上に届いていて、夏に強くなるのUVB波。

表皮の最深部(基底層)まで届き、日焼けした直後からお肌が赤くなる状態のことです。

UVBから肌を守るには、「SPF」という記号に注目しましょう。

日本で販売されている商品の最高値はSPF50です。

 

日傘、サングラス、アームウォーマーなども利用して、

紫外線からお肌を守りましょう!

 

次は「補う」

日焼けは軽い火傷と同じ状態なので、毎日のスキンケアで

お肌に水分補給(=保湿)をしっかり行うことが、とても大切です。

乾いたお肌は、さまざまな肌トラブルを引き起こすので、

常に潤わせておくことを意識しましょう。

日焼けしてしまったと感じるときは、冷やすことも大切です◎

 

最後は「守る」

体の中に摂り入れる食材で、お肌を守りましょう。

鮮やかな色をした果物や野菜は、日光に対する耐性を上げることができます。

トマト、さつまいも、にんじん、ブロッコリースプラウト、ほうれん草など。

グレープフルーツもおすすめです。

お魚だと、鮭やサバ、イワシなどには、

日光から肌を守る効果のあるオメガ3脂肪酸が多く含まれています。

週に2回ほど食べることで十分な量のオメガ3が摂取できるといわれています。

日光による肌老化を遅らせ、皮膚がんを予防するには

1日2杯以上の緑茶を飲むのが効果的で良いとされています。

 

f:id:lucciora-salon:20170303151038j:plain

 

紫外線は、美容だけでなく、健康にも良くないので

意識を高く持って日焼けしない習慣を身につけましょう(*^▽^*)

 

 

...akari